東京外国語大学、学生アルゼンチンタンゴ同好会に中古の靴を!!

私は国立のブエノというダンススタジオでタンゴのクラスを持っていますが、その中の生徒さんに東京外国語大学で英語講師をしているイギリス人の女性がいます。

以前、この先生に大学でタンゴサークルを作れないだろうかと相談したところ、それから積極的に学生たちに呼びかけをしてくださり、ようやく今年5月からTUFSアルゼンチンタンゴ同好会というものが、学生を中心に立ちあがりました。

4月の終わりに体験レッスンとデモを見ていただき、5月の連休明けから月3回金曜日の夜(18:30~20:00)に大学近くの紅葉丘文化センターの講堂でレッスンを開催しています。

この同好会には、日本人の学生だけでなく外国人留学生や研究員、先生も参加していただき、タンゴ歴の長いベテランの方にもお手伝いいただいて、発足当初よりにぎやかなサークル活動になっています。

アルゼンチンタンゴを若い世代にも広め、これからの時代を担ってもらいたいというのが私も含めて日本のアルゼンチンタンゴ界の悲願ではないでしょうか。若い人が育たなければ、これからの日本のタンゴの発展は厳しいものとなります。

是非彼らの今後に期待したいと思います。秋には学園祭がありますので、その時にはメンバーがデモンストレーションで全学にアピールできるよう指導していきたいと思っています。

ところで、今一つ問題が出現しました。

学生なのでアルゼンチンタンゴの靴が高くて購入が困難だということです。

ようやく歩くことにも慣れてきましたが、現在は外履きの靴で練習していますので、今後はタンゴシューズを履いて練習をしていかないと上達もままなりません。滑りの悪い靴でターンを繰り返すと、膝や足首などへの負担がかかって怪我をすることも考えられます。

そこで皆さまにお願いなのですが、皆様の中でもう履かないけれど使用に耐える中古のアルゼンチンタンゴシューズをお持ちの方で、学生たちに寄付してもよいという方がいらっしゃいましたら、是非ご協力お願いいたします。

靴は男性、女性用を問いません。

サイズは男性26㎝~29㎝まで  女性22.5㎝~25㎝位まで

沢山のサイズを取り揃えたいと思います。

このTUFSアルゼンチンタンゴ同好会の学生に中古のタンゴシューズを寄付していただく呼びかけは、日本アルゼンチンタンゴ連盟にも協力をお願いして、会員の皆さまに協力していただいております。

靴の送り先はスタジオG-Box 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-4-11太興ビルB1

までお願いいたします。

送料も寄付ということでお願いできれば幸甚です。

是非ともよろしくお願いいたします。

2016年5月18日

ジョルジュ高橋